『更年期をはじめとする自律神経失調症の治療を専門』にしている鍼灸治療院です。
イライラ感・不安感・うつ症状・不眠・胃痛・下痢など、病院で検査をしても異常が見当たらない不定愁訴にお悩みでしたら、ご相談ください。
また当院は【訪問治療(自宅治療)に特化】していることから『治療に通うための外出が難しい』といったお悩みの方々にご好評頂いております。

自律神経失調症の治療を専門にした鍼灸治療院

かせ鍼灸治療院

ご相談は無料です

ご自宅へ訪問してお話しを
伺うことも可能です。
どうぞ気軽にお問合せください。

お気軽にお問合せください

011-375-5059

予防医学が鍼灸の真髄

予防医学が鍼灸の真髄

鍼灸治療は体質改善を目的とした、予防医学を得意にしています。
これは【未病治】という東洋医学の考え方に基づいており、最近ではTVのコマーシャルでも耳にすることが多くなってきています。

しかし、ぎっくり腰に代表される急性疾患にも非常に高い効果を発揮するのも事実です。

鍼灸治療は以下の考え方で、予防医学にも急性的な疾患にも、対処できる治療方法なのです。

標治法と本治法

標治法(ひょうちほう)

標治法とは、発熱や痛みなどの急性的な疾患の痛みを緩和させる治療方法のことです。
「標」とは表に現れた症状のことで、経絡の虚実の結果、生じたものと考えられています。
現代医学でいうと、対症療法に該当する治療で、まず体に生じた痛みを緩和させることに主眼を置いた治療を行います。

本治法(ほんちほう)

本治法は標治法とは逆に、体質改善を目的にした治療を指します。
『どうしてこんな病気になったのか?』
この原因を考え、治療していくことで体質を改善していき、再発を防止していくことを目的にしていきます。

本来の鍼灸治療は本治法を主眼に置いて治療するもので、鍼灸治療の真髄もここにあります。

当院の考え方もまさに本治法であり、当院の基本的な考え方のページに記載している継続した治療の大切さは、ここにあります。

まとめ

どんなに健康な人間でも、病気になるリスクは当然あり得ます。

東洋医学(鍼灸治療)では、今、直面している病やケガを治療するだけではなく、生まれ持った体質を『証』を元に解析していき、病やケガの根本を改善していくことが大前提になっている治療方法です。

今ある痛みやツライ症状が無くなればそれで良い、と考える方には少しでも東洋医学の考え方を分かって頂き、なぜ私たち鍼灸師が痛みが無い時でも定期的に治療に通って欲しいとお話しする意味を理解して頂ければ幸いです。

こちらもご覧ください

更年期と自律神経

東洋医学から見た【更年期と自律神経】の関係についてご紹介します

不眠や下痢など自律神経症状は多岐

自律神経のバランスが乱れると実に様々な症状があらわれてきます

腰痛のお悩み

腰痛の原因や、はじめて腰痛を発症した時の対処方法などをご紹介

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

011-375-5059

受付時間:9:30~18:00(日曜日、祝祭日を除く)

ご訪問可能地域:北海道
北広島市、札幌市、恵庭市のほか、江別市、千歳市の
一部など

お問合せの前に、お住まいの住所をご確認ください

当院は北海道北広島市を中心に活動している鍼灸治療院です。
広島県をはじめ、北海道以外から連絡を頂戴するケースがあるため、お電話を頂く前にお住まいが当院で訪問可能なご住所であるか、今一度ご確認くださいますよう、お願い申し上げます。

トップページへ戻る

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

011-375-5059

誠に申し訳ございませんが、お電話でのお問合せ受付は、
9時30分~18時までと
させて頂いております。

メールでのお問合せは24時間受け付けております。
お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

院長の加瀬です

自律神経失調症(更年期を含む)にお悩みのあなた。
自身も自律神経バランスの乱れから生じた不定愁訴(私の場合は下痢、不眠など)に
悩まされた体験を持つ私が、あなたのつらさを理解し、自分の体験を元に施術いたします。きっと私の体験が、あなたのお力になれると信じています。

リンク