『更年期をはじめとする自律神経失調症の治療を専門』にしている鍼灸治療院です。
イライラ感・不安感・うつ症状・不眠・胃痛・下痢など、病院で検査をしても異常が見当たらない不定愁訴にお悩みでしたら、ご相談ください。
また当院は【訪問治療(自宅治療)に特化】していることから『治療に通うための外出が難しい』といったお悩みの方々にご好評頂いております。

自律神経失調症の治療を専門にした鍼灸治療院

かせ鍼灸治療院

ご相談は無料です

ご自宅へ訪問してお話しを
伺うことも可能です。
どうぞ気軽にお問合せください。

お気軽にお問合せください

011-375-5059

不眠と自律神経のバランス

不眠】は自律神経のバランスが乱れた時によく見られる症状の1つです。

こちらのページでは不眠症状のタイプや睡眠薬の活用などについてお話ししています。

また『寝酒』について、私が犯した失敗も余談として記載しました。
反面教師と捉え、睡眠を得るための寝酒に注意して頂ければ幸いです。

睡眠障害の分類

睡眠障害は4つのタイプに分類されます

一口に『睡眠障害』と言っても、人それぞれによって訴える症状は異なります。
医学的にも『睡眠障害』は症状によって次のように分類されています。

4つのタイプに分類されます
  • 入眠障害・・・寝付きが悪い
  • 中途覚醒・・・夜中に何度も起きてしまう
  • 熟眠障害・・・眠りが浅い
  • 早朝覚醒・・・朝早くに目が覚めてしまう

とくに【更年期】に伴って自律神経のバランスが乱れている人には多く見受けられます。また【倦怠感】や【頭が重い】といった症状を伴うこともあります。

自律神経のバランスを元に戻すため、そして睡眠障害を改善するためには規則正しい生活を心掛けることが大切です。

自律神経が原因の不眠に対する鍼治療

交感神経と副交感神経のバランスを整えます

自律神経のバランスの乱れが原因と考えられる不眠には鍼灸治療は有効な治療方法の1つであるでしょう。
また【更年期による不眠も自律神経の乱れが原因となってくるため、鍼灸治療が有効になってきます。

ただ当院のお話しをすると【不眠の直接的な治療を施す訳では無く自律神経の乱れが原因であらわれる【頭痛、めまい、のぼせ・ほてりうつ症】など、いわゆる不定愁訴を治療していくと、結果的に不眠も改善されるという流れになります。

自律神経は『交感神経』と『副交感神経』の2つがバランスを取りあって成り立っています。
正常であれば、夜になると体を休ませるために『副交感神経』が優位になって眠気が起こり就寝するところですが、自律神経のバランスが悪いと眠気があっても『交感神経』が優位になり【睡眠】には至りません。

従って自律神経のバランスを整えていくと不眠が徐々に改善していき、その手段として、鍼灸治療は優れた効果を発揮します。

誤解を恐れずに言いますが、良質な睡眠を得るためには睡眠薬の服用が効果的です

鍼灸師の私が言うのも変な話かも知れませんが、良質な睡眠を得るための有効な手段は、病院で自分に合った睡眠薬を処方してもらうことです。

ここで重要なことは市販薬では無く、病院で処方してもらうことです。

誤解しないで頂きたいのですが、鍼灸治療が睡眠障害に効果がないと言っている訳ではありません。

鍼灸治療の基本的な考え方は【未病治、つまり予防医学にあります。
治療の効果を持続させるためには、治療間隔が短ければ短いほど良いのですが、毎日、鍼治療を受けるのは時間的にも経済的にも大きな負担ですよね?

睡眠薬の処方には医師の診察が必要になりますが、1回の診察で最大1カ月分処方してもらえるうえ、健康保険が適用になるので金銭的な負担が少なく、何より手軽です。

睡眠は毎日のことなので、安全に手軽な方法で良質な睡眠を得られることが何より大切だと思います。

ご不明な点がございましたら下記までお問合せ下さい
ご自宅でお話しを伺うことも可能です

011-375-5059

市販の睡眠薬について

病院の睡眠薬と市販の睡眠薬はちょっと違います

皆さんは風邪薬を飲んで眠くなった経験はありませんか?

普通にドラッグストアなどで販売されている睡眠薬はこの『風邪薬を飲むと眠くなる』作用をおこす成分で作られていて、病院で処方される睡眠薬とは異なるものだと、掛かりつけの医師から教えられました。

市販の睡眠薬を否定するつもりはありませんが、不眠症に深刻に悩まれているならば、『医師から自分にあった睡眠薬を処方してもらった方が良い』と、個人的には思っています。

余談 その1

「寝酒」のお話し

日頃から「飲酒」の習慣が無い人でも、『今日は何だか寝付きが悪い』という日に【寝酒】をする方は多いと思います。

確かにお酒は『百薬の長』と言われますが、毎日飲み続けると体がアルコールに慣れて、飲酒量がだんだんと増え、逆に害をもたらす結果になります。

また「寝酒」をすると眠れると思われがちですが、実は質の良い睡眠はとれていません。

朝起きたらアルコールは残っている、疲れは取れていない、まだまだ眠たい・・・
そんな経験、心当たりありませんか?

質の良い睡眠を得るためには、寝酒を止め、病院で自分の睡眠障害に合った睡眠薬を処方してもらうことが最善の方法です。

余談 その2

私の寝酒習慣

私は20歳前後頃から不眠症に悩まされていました。最初のうちは『疲れていないから眠れないのだろう』程度に考えていましたが、「眠れない夜」が続いてくると、さすがに昼も夜も【眠たい】ものです。

決して良いことでは無いのですが、『今日こそ寝よう』と心に決め、就寝します。

でも床に就くと『今日の反省』だったり『明日はこうしよう』など、起きている時には考えないようなことが頭の中をグルグル回り、結局熟睡できず、ウトウトとしながら毎日朝を迎えていました。

ある時コップ一杯の日本酒を就寝前に飲むと、不思議なくらい良く眠れたんです。
厳密に言えば【寝付きが良かった】だけで、起床予定時間の2~3時間ぐらい前には『目は閉じていても頭は起きている』ような状態で熟睡には程遠いものなのですが、『寝た』という感覚が久しぶりに得られた気がしました。

それからは就寝前に必ず【寝酒】をする習慣が付いてしまいましたが、これが大失敗します。

以来十数年、風邪をひいて高熱があっても、目が回って起き上がれないくらい体調が悪いときでもほぼ毎日、眠るために寝酒をしていました。
特にお酒が好きという訳では無いし、別に嫌いでも無い。
ただ眠りたいがためにです。
酒代もバカになりませんが、結果的に肝臓が悲鳴をあげ、健康診断でドクターストップ1歩手前にまでなるほど不健康な体になっていました。

会社の付き合い、お酒が大好き、理由は色々あると思いますが、『お酒』は適量を楽しみ『1日飲んだら2日肝臓を休める』ぐらいが体には良いと思います。

こちらもご覧ください

人間の体調と季節の変化。一見すると関係が無いように思われますが、実は大きく関わっています

当院をご利用の患者さまは約8割が自律神経の乱れが原因の体調不良で治療中です。ご挨拶を兼ねまして、その理由をご説明しております。

更年期と自律神経

東洋医学から見た【更年期と自律神経】の関係についてご紹介します

ご不明な点がございましたら、下記までお問合せください

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

011-375-5059

受付時間:9:30~18:00(日曜日、祝祭日を除く)

ご訪問可能地域:北海道
北広島市、札幌市、恵庭市のほか、江別市、千歳市の
一部など

お問合せの前に、お住まいの住所をご確認ください

当院は北海道北広島市を中心に活動している鍼灸治療院です。
広島県をはじめ、北海道以外から連絡を頂戴するケースがあるため、お電話を頂く前にお住まいが当院で訪問可能なご住所であるか、今一度ご確認くださいますよう、お願い申し上げます。

トップページへ戻る

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

011-375-5059

誠に申し訳ございませんが、お電話でのお問合せ受付は、
9時30分~18時までと
させて頂いております。

メールでのお問合せは24時間受け付けております。
お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

院長の加瀬です

自律神経失調症(更年期を含む)にお悩みのあなた。
自身も自律神経バランスの乱れから生じた不定愁訴(私の場合は下痢、不眠など)に
悩まされた体験を持つ私が、あなたのつらさを理解し、自分の体験を元に施術いたします。きっと私の体験が、あなたのお力になれると信じています。

リンク