『更年期をはじめとする自律神経失調症の治療を専門』にしている鍼灸治療院です。
イライラ感・不安感・うつ症状・不眠・胃痛・下痢など、病院で検査をしても異常が見当たらない不定愁訴にお悩みでしたら、ご相談ください。
また当院は【訪問治療(自宅治療)に特化】していることから『治療に通うための外出が難しい』といったお悩みの方々にご好評頂いております。

自律神経失調症の治療を専門にした鍼灸治療院

かせ鍼灸治療院

ご相談は無料です

ご自宅へ訪問してお話しを
伺うことも可能です。
どうぞ気軽にお問合せください。

お気軽にお問合せください

011-375-5059

自律神経の働きとバランス

自律神経の働きとバランス

ホームページをご覧いただきまして、誠に有り難うございます。

こちらでは『自律神経って一体なに?』というお話しをしています。
更年期症状や免疫、ホルモンバランスなど体調維持にも深く関わってくる神経になりますので、もしも気になる体調不良がありましたら、参考までにご覧ください。

自律神経は自分の意志では動かせません

私たち人間の神経は大きく分けて、次のように分類されます。

  1. 中枢神経(脳と脊髄)
  2. 末梢神経 
    (1)体性神経・・・自分の意志で動かすことができる。
    (2)自律神経・・・自分の意志とは関係無く、体の機能を調整してくれる
              無意識的な神経。

自律神経は自分の意思とは関係なく働いているため、眠っている間でも呼吸、血液循環、体温調節など生命活動を維持するために、重要な役割を担っています。


また、皆さんは緊張して手に汗をかいたり、心臓の鼓動が速くなったり、といった経験を少なからずしたことがあると思います。
これは自律神経が精神的な影響を受けやすいことを示しているためです。

さらに自律神経は①交感神経、②副交感神経の2種類に分類されます。
この『交感神経』と『副交感神経』が互いにバランスをとり、体の状態を良好に保ってくれています。

自律神経は交感神経と副交感神経に分類されます

交感神経

交感神経は『活動の神経』、日中に活動する神経です。

交感神経は仕事や運動をする時に血圧を上げ、筋肉などに適度な緊張を作って活発に活動できるようにします。
暑い時に体を発汗させて体温を下げたり、寒い時には血管を収縮させて体内の熱を逃がさないようコントロールするのも交感神経の仕事です。

ただし胃や腸には逆の作用をします。
交感神経は胃腸の働きを抑制する作用があります。不安や緊張で交感神経が優位になると食事がのどを通らないのは、このためです。

ちなみに、学校の発表会やアルバイト・就職の面接など、緊張して手のひらに汗をかいた経験は、多かれ少なかれあるかと思います。
手のひら・足のうらにかく汗は体温調整の時にかく汗とは異なり、精神性発汗と呼ばれ、交感神経が緊張した時にかく汗です。
手に汗をかきやすい人は、交感神経が緊張しやすい人だと言えます。

こんな時に効果的なツボが手首付近にある内関(ないかん)というツボです。
場所は腕の内側で、手首の横ジワの中央付近から指3本分ほど肘側に上がったあたりです。
手首を内側に曲げた時に出来る2本の筋の間に内関があり、指で軽く刺激すると鈍いような痛みがあらわれると思います。

内関は緊張を和らげ、神経をリラックスさせる効果があるツボなので、手のひら、足のうらの汗が気になる方は、一度試してみてはいかがでしょうか?

副交感神経

副交感神経は『安静の神経』、夜間に活動する神経です。

副交感神経は休息や睡眠をとって体を休ませたり、胃腸運動を促進させて体にエネルギーを確保させるなどの働きをします。
副交感神経が優位になると脈拍がゆっくりして血圧も下がり眠りに入る準備をしてくれます。

ただし交感神経と同じで、胃や腸に対しては逆の作用をするので、お間違いのないように。

交感神経と副交感神経のバランスが乱れると

日中は交感神経が優位になり、夜間は副交感神経が優位になる。
これが正常な働きであり、二つの神経が上手にバランスを取り合っていると、健康も保たれる訳です。

しかし精神的なストレスが積もって夜間になっても交感神経が優位であったり、夜に起きて朝に寝るといった生活リズムの乱れで、互いの神経が働かなければならない時間、休まなければならない時間が逆になってしまうと、自律神経のバランスが乱れてきます。

結果的に各臓器のコントロールが上手に出来なくなり、自律神経失調症となって全身に不定愁訴を訴えはじめます。


自律神経はデリケートな神経なので、ストレスを上手に発散させたり、規則正しい生活リズムを取り戻すことが、自律神経失調症を治療するうえでの大切なことの1つになります。

自律神経とホルモンと免疫

自律神経は多くの臓器の働きをコントロールしており、その司令塔は脳にある視床下部(ししょうかぶ)という場所になります。

視床下部はホルモンの分泌も調節する場所であることから、女性ホルモンの分泌に関係する【更年期障害】で自律神経失調症と類似した症状がでてくるのも、司令塔が同じだからです。

ちなみに自律神経失調症が男性より女性に多いのは、月経や出産、妊娠など性周期に関連してホルモンが大きく変動することが多いためとされています。

人間には『ホメオスターシス』といって、外気温の変化や一日の生活リズムに合わせて体温や内臓の働き、ホルモン分泌を調節してくれる機能があります。
これも自律神経の働きによるものなのですが、昼夜逆転の生活になると交感神経と副交感神経の働きも逆転してしまい、不眠や疲労感が取れないといった症状があらわれます。

また自律神経は免疫力にも影響があります。
皆さん、風邪をひいて熱が出た時のことを思い出して下さい。
体内に風邪のウイルスが侵入して感染すると、熱が出て多量の汗をかいた経験があることと思います。

これは自律神経の交感神経が働いて免疫力を高め、発汗して解熱させようとしているためです。
自律神経は病気の予防や治療にも大活躍している神経なのです。

症状には個人差があります

自律神経は多くの臓器をコントロールしている神経であるため【自律神経失調症で訴える症状も多岐】にわたります。

精神的ストレスが原因の自律神経失調症では、最も弱い部分に症状があらわれやすいようです。

最も弱い部分に症状があらわれやすいと言っても、症状が1つだけと言うことはほとんど無く、複数の症状が同時に発症するケースが大半です。

例えば、
交感神経(活動の神経)が緊張すると末梢の血管が収縮して血行不良がおこり、肩こりなどがあらわれます。
同時に胃腸は交感神経が緊張すると活動を休むため、便秘をおこしてしまいます。

また、1つの症状が治まったと思ったら、すぐに次に違う症状があわられるといったように、『症状があわわれたり消失したりを繰り返し、同じ症状でも強くなったり弱くなったりする』ことも特徴になります。

自律神経失調症は検査をしても異常が見つからず、周囲の人にはなかなか理解してもらえなく、一人で悩み苦しむことが多い病気です。
それは私自身がよく知っております。

こちらのホームページをご覧頂いているあなたが、もしそのような苦しみを抱えているならば、治療の申し込みなど気になさらず【ご相談】だけでもしてみて下さい。

あなたのお力になれることがきっとあると、私は思っております。

ご質問や不明な点などがありましたら、下記までお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

011-375-5059

受付時間:9:30~18:00(日曜、祝祭日を除く)

ご訪問が可能な地域は次のとおりです。
北広島市、札幌市(主に厚別、清田区)、恵庭市の他
江別市、千歳市の一部

こちらもご覧ください

あなたが治療院を探している目的は何でしょうか?こちらのページをご覧いただき、もう一度、目的を思い出す切っ掛けにしてください

自律神経に関わるお悩みの方は是非とも、こちらをご覧ください

当院の施術料には、初診料、訪問費など全て含まれています。追加費用は一切発生しませんので、安心してご利用頂けます

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

011-375-5059

受付時間:9:30~18:00(日曜日、祝祭日を除く)

ご訪問可能地域:北海道
北広島市、札幌市、恵庭市のほか、江別市、千歳市の
一部など

お問合せの前に、お住まいの住所をご確認ください

当院は北海道北広島市を中心に活動している鍼灸治療院です。
広島県をはじめ、北海道以外から連絡を頂戴するケースがあるため、お電話を頂く前にお住まいが当院で訪問可能なご住所であるか、今一度ご確認くださいますよう、お願い申し上げます。

トップページへ戻る

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

011-375-5059

誠に申し訳ございませんが、お電話でのお問合せ受付は、
9時30分~18時までと
させて頂いております。

メールでのお問合せは24時間受け付けております。
お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

院長の加瀬です

自律神経失調症(更年期を含む)にお悩みのあなた。
自身も自律神経バランスの乱れから生じた不定愁訴(私の場合は下痢、不眠など)に
悩まされた体験を持つ私が、あなたのつらさを理解し、自分の体験を元に施術いたします。きっと私の体験が、あなたのお力になれると信じています。

リンク