『更年期をはじめとする自律神経失調症の治療を専門』にしている鍼灸治療院です。
イライラ感・不安感・うつ症状・不眠・胃痛・下痢など、病院で検査をしても異常が見当たらない不定愁訴にお悩みでしたら、ご相談ください。
また当院は【訪問治療(自宅治療)に特化】していることから『治療に通うための外出が難しい』といったお悩みの方々にご好評頂いております。

自律神経失調症の治療を専門にした鍼灸治療院

かせ鍼灸治療院

ご相談は無料です

ご自宅へ訪問してお話しを
伺うことも可能です。
どうぞ気軽にお問合せください。

お気軽にお問合せください

011-375-5059

更年期と自律神経

更年期と自律神経

ホームページをご覧いただきまして、誠に有り難うございます。

こちらのページでは、東洋医学から見た『更年期と自律神経の関係』について、生理的な変化や、「更年期とは何か」などを簡単にですがお話ししています。

現代医学と東洋医学とでは病気発症の原因やメカニズムなどの捉え方が異なります。
検査機器が無かった時代に発生した東洋医学は【陰陽論】と【五行説】という独自の思考で病気の成り立ちを考え、治療法を発達させてきました。

現代医学と東洋医学、その考え方の違いが少しでもご理解して頂ければと思います。

更年期とは

climacteric(クライマクテリック)=「転換期」の意味もあるそうですが「更年期」を指すそうです。

女性は思春期を迎えるころ『女性ホルモン』の分泌に変化が生じ、初潮が始まります。

そして女性らしい体を作り、月経がはじまったりと将来の妊娠・出産に備えます。

しかし、ある年齢になってくると女性ホルモンはその役割を終え、閉経の準備がはじまります。これが『更年期です。

更年期と自律神経

女性ホルモンは自律神経と同じく、大脳にある視床下部というところでコントロールされているため、女性ホルモンのバランスが乱れると、【自律神経】にも影響があらわれます。

更年期の女性に【自律神経失調症】が多いのは、このためです。

東洋医学から見る女性の生理的変化

東洋医学最古の医学書は「黄帝内経(こうていだいけい)」という書物です。

これは中国の春秋戦国時代頃(紀元前770年頃)に原型が出来あがったとされている医学書です。

その中に「上古天真論」という項目があり、女性の生涯における生理的変化について次のように述べています。(難しいので簡単に・現代風に記します)

女性の生理的変化

  • 7歳で腎の働きが活発になり歯が生え替わりはじめ、髪も長くなる
  • 14歳天葵(てんき)が至って初潮が起こり、妊娠が可能になる
  • (中略)
  • 42歳になると白髪が多くなる
  • 49歳になると天葵が尽き、妊娠出来なくなる

(注1)腎
東洋医学独特の考えで【五臓(肝・心・脾・肺・腎】を構成するもののひとつ。
ここでは月経形成の基礎物質だとお考えください。
現代医学の『腎臓』とは異なります。

(注2)天葵(てんき)
性器官の発育と成熟を促す物質とお考えください。

昔、何かのCMでも言っていた記憶がありますが、女性は7の倍数で体に変化が生じてくると紀元前の時代から発見されていました。
特に49歳という年齢を見てみると、今も昔も、大体このくらいの年齢になると更年期が始まるようです。

更年期と自律神経失調症の類似した症状

  • 脱力感
  • 疲労、倦怠感
  • 肩こり
  • 顔や上半身の熱感
  • 頭重感
  • 不眠
  • 食欲不振
  • 心悸亢進
  • うつ症状

など、更年期と自律神経失調症は同じような症状を訴える方が多いのです。

鍼灸治療における更年期と自律神経の治療

現代医学では『更年期』は女性ホルモンの変化が原因であることが分かっています。

女性ホルモンは脳にある視床下部(ししょうかぶ)という場所でコントロールしていますが、視床下部は自律神経のコントロールもしている場所でもあります。

鍼灸治療においては『異病同治』(いびょうどうち)
と言って「異なる病でも治療方法は同じ」ケースがよくあります。

『更年期』の治療】はまさに「異病同治」となるケースで、【自律神経失調症の治療】とほぼ同じになってきます。
(患者さまの症状によって異なる場合があります)

ここでは簡単に一言で説明してしまいますが【五行説】という考え方に出てる『腎』と『心』いう臓腑が更年期には関連してきます。
『腎』と『心』は自律神経にも関連する臓腑であるため、どちらの疾患であっても、この2つの臓腑に関連するツボを用いて治療をしていくことになります。

訴える症状がほぼ同じであることも、治療方法がほぼ同じになる理由のひとつです。

更年期にお悩みのあなたへ

紀元前に書かれた医学書に女性の生理的変化が、かなり正確に記載されていると言うことは、逆に言えば対処方法も見つかっていると言うことです。

繰り返しになりますが、更年期や自律神経失調症は鍼灸治療が得意としている分野です。

このページをご覧になっているあなたが、もし更年期の症状にお悩みでしたら【どうか気軽に相談してみてください
治療の申し込みなどは一切気にしないで結構です。

個人差はどうしても生じてしまいますが、先人達の知恵そして私の体験・経験などを総動員して、お悩み・苦しみを少しでも軽減できるように、あなたと向き合っていきます。

更年期と思われる症状にお悩みの方は、下記までご相談ください

お電話でのお問合せはこちら

011-375-5059

受付時間:9:30~18:00(日曜、祝祭日を除く)

こちらもご覧ください

更年期の治療ポイント

当院が更年期のお悩みに用いる治療のポイントをご紹介

のぼせの治療例

更年期で見られる【のぼせ】の治療例をご紹介

うつ症の治療例

更年期症状のひとつ【うつ症状】の治療例をご紹介

「自律神経失調症NAVI」は自律神経失調症の患者、家族、友人の方達のご要望に合った治療院との
 出会いの一助となることを目指している全国治療院ポータルサイトです

    詳しくはこちら

    お問合せはこちら

    お気軽にお問合せください

    お電話でのお問合せはこちら

    011-375-5059

    受付時間:9:30~18:00(日曜日、祝祭日を除く)

    ご訪問可能地域:北海道
    北広島市、札幌市、恵庭市のほか、江別市、千歳市の
    一部など

    お問合せの前に、お住まいの住所をご確認ください

    当院は北海道北広島市を中心に活動している鍼灸治療院です。
    広島県をはじめ、北海道以外から連絡を頂戴するケースがあるため、お電話を頂く前にお住まいが当院で訪問可能なご住所であるか、今一度ご確認くださいますよう、お願い申し上げます。

    トップページへ戻る

    お問合せはこちら

    お問合せはお気軽に

    011-375-5059

    誠に申し訳ございませんが、お電話でのお問合せ受付は、
    9時30分~18時までと
    させて頂いております。

    メールでのお問合せは24時間受け付けております。
    お気軽にご連絡ください。

    ごあいさつ

    院長の加瀬です

    自律神経失調症(更年期を含む)にお悩みのあなた。
    自身も自律神経バランスの乱れから生じた不定愁訴(私の場合は下痢、不眠など)に
    悩まされた体験を持つ私が、あなたのつらさを理解し、自分の体験を元に施術いたします。きっと私の体験が、あなたのお力になれると信じています。

    リンク