『更年期をはじめとする自律神経失調症の治療を専門』にしている鍼灸治療院です。
イライラ感・不安感・うつ症状・不眠・胃痛・下痢など、病院で検査をしても異常が見当たらない不定愁訴にお悩みでしたら、ご相談ください。
また当院は【訪問治療(自宅治療)に特化】していることから『治療に通うための外出が難しい』といったお悩みの方々にご好評頂いております。

自律神経失調症の治療を専門にした鍼灸治療院

かせ鍼灸治療院

ご相談は無料です

ご自宅へ訪問してお話しを
伺うことも可能です。
どうぞ気軽にお問合せください。

お気軽にお問合せください

011-375-5059

患者さまからの声

患者さまからの声

当院をご利用頂いている患者さまは、自律神経疾患に悩まされている方が多くを占めます。

中にはうつ症状が強い方もいるため、患者さまの声をご紹介できる数は少ないのですが、ホームページに掲載しても良いとご了承頂いた方から頂戴したお手紙やe-mailをご紹介しています。

札幌市 KA様 40代女性 主婦

30代から悩まされたうつ症が軽減しました

症状:自律神経失調症(うつ症)

自律神経失調症と病院で診断されたのは30代半ば頃でした。

うつ症状が強く、定期的に病院へ通い、お薬も指示どおり服用していましたが、症状は思うように改善しませんでした。

病院と併せて他の鍼灸治療院にも通いましたが、やはり思うように改善はしませんでした。

当時の私が一番苦痛だったことは通院(外出)です。
元々外出は好きなのですが、自律神経失調症を発症してからは外出に説明ができないほどの恐怖を覚えました。

そんな時、こちらの治療院のHPを見つけ、半信半疑でしたがワラをもつかむ想いで電話をしてみました。

先生自身が症状は違えども同じ疾患に悩まされていたこともあり、私の悩みを理解してくださり時には優しく、時には厳しく接してくれました。
何より外出せず自宅で治療を受けられるようになったことが、私には最大の救いでした。

治療は先生がおっしゃっているとおり、痛い時は痛いです(笑)
ですが、症状の改善と共にその痛みも徐々に軽減していき、今では気持が良いなぁ、と思うことの方が多いですね。

今も1週間に一度お世話になり、体調管理に努めています。

札幌市清田区 MN様 40代女性 主婦

私の更年期症状には鍼治療があっていました

症状:更年期障害?

顔の写真はNGのため、アンケート用紙の写真を掲載しています。
左の文章は転記したものです。

今まであまり乱れたことが無い生理周期が少しずつ乱れ始めるようになりました。


最初は「ストレスが溜まってきてるのかな?」程度に思って気にしないようにしていましたが、だんだんと大きく乱れるようになり、時には2週間前後も生理の予定日が乱れるようになってきました。

これに伴って、倦怠感が抜けなくなったり、不眠とは無関係だと思っていた私が眠れなくなったり、周囲の人が適温だと感じる温度が暑くて汗が止まらない、といった症状が表れてきました。

もしやと思い婦人科を受診すると、更年期と診断されました。
婦人科ではホルモン剤などを処方してもらい、指示通りに服用していますが、女性として終わりが近づいているのかと、ふとした時に思うようになってしまい、だんだんとうつ気味になってしまいました。

何気なく更年期についてインターネットで検索している時、こちらの治療院のページが目にとまりました。
先生が得意とされている自律神経失調症の治療が更年期障害にも有効であること、先生自身が自律神経失調症に悩まされた経験があり、それを自分で治療して今現在の健康状態を維持していること、そして紀元前からある東洋医学は更年期障害も治療できることなどが気になり、相談だけでもと思い電話をしました。

初めに相談だけでもよいか尋ねたところ、「いいですよ」と爽やかなお返事を頂いたことを覚えています。
何を尋ねたのか忘れてしまったのですが、先生の治療院のホームページに書いてある治療内容や治療して貰える病気などを聞いたと思います。

お話しを伺っているうちに試してみようと思い、その場で予約をお願いしました。

後日自宅に来てくれた時に、電話でも聞いていましたが、改めて問診から施術に至るまでの流れや、施術の内容、そして体調が良くなったら治療は続けないと考えているようなら依頼は引き受けない、といった事前説明がありました。

問診と腹部や背部、手首付近の動脈の触診(?)は時間をかけて丁寧に行ってもらいました。
問診では話しにくかったり、触れて欲しくないことがあったら話さなくても良いと言ってくれました(後で話してみようと思った時に聞かせてと言われました)

時間はかかるけど大丈夫だよと言ってくれたことは、はっきりと覚えています。

1回目の治療から3~4回目くらいの治療後まで、本音を言えば「これで良くなるのだろうか?」と疑心暗鬼でしたが、治療後は何だか体がスッキリしているので、もうしばらく続けてみようと思い、週に1~2回の間隔で治療をお願いしました。

治療を続けていくうち、気が付いたら夜眠れるようになっており、汗もそれほどひどくなくなりました。生理周期も昔ほどの定期的な周期ではありませんが、大きな乱れがなくなってきました。
先生は薬が効いてきたんだよと話しますが、鍼治療の効果も間違いなくあるんだと思います。

冗談で、体調が良くなってきたから、そろそろ治療を休もうかなと話しをしたら、烈火のごとく怒られました。どれぐらいの時間か分かりませんが、長く感じられる説教も頂きました。
本気で私に向かい合ってくれていると涙ながら感じたことを忘れられません。

今は怒られない程度の冗談を交えながら、2週間に1回くらいのペースで体をメンテナンスしてもらっています。

ご自宅へ訪問して相談を伺うことも出来ます(無料)
お問合せ・ご相談は下記の電話番号で受け付けております。

お電話でのお問合せはこちら

011-375-5059

受付時間:9:30~18:00(日曜、祝祭日を除く)

北広島市 SY様 40代女性 

今では家族3人お世話になっています

きっかけは子供のうつ病でした

お願いしたきっかけは20代の子供がうつ病になり、引きこもりになってしまったことでした。
子供は普通の人が1と感じるストレスを10に感じるくらい、感受性が強い子です。

うつ病と診断を受ける前後からひどい頭痛と肩こりに悩み、時には目の奥が説明出来ないくらい痛いと訴えてきます。
病院へ通うのもおっくうになり、会話もほどんど無くなりました。

知人が訪問専門で治療してくれる所があるよと教えてくれました。
(この知人は知っているだけで、利用したことは無いそうです)
頼れる所はどこにでも頼んでみようと思い、相談の電話をしてみたところ、いくつか条件があったものの、快く引き受けて頂きました。

その条件は覚えている範囲だと、こんな感じだったように記憶しています。

1.施術中、父親、母親(私)のどちらかが、必ず近くにいること

2.嫌がる施術(例えば鍼を使う治療)はしないが、初対面の人間に体を預けること自体が嫌で治療そのものを受け入れて貰えないケースもある。
その場合はご両親のどちらかを治療する風景を何回か見てもらい、そんなに気持ちが良いなら自分もしてみようと、気持ちが変化するように仕向けていきたい。

3.数回の施術で良くなるとは考えないで欲しい。長く、継続的な治療が必要だと思われる。

電話では、このような事前説明があったと思います。

先生が心配したとおり、子供は初対面の先生に体を触れられることを拒みました。
そこで私が変わって何回か治療してもらうことにしました。

幸い?にも、私も腰痛と膝痛に悩んでいて、実は別の整体院に時々通っていました。

先生の治療は、問診から始まって手首付近の脈をはかる脉診をして、お腹や背中をみてから治療を開始するものでした。

まずは手技治療からスタートしました。
事前説明で、刺激されて痛い所があってもガマンしてもらう部分と、力を加減する部分があるとは聞いていたものの、痛い部分を痛いと言っても、多少力加減してくれるだけで、笑顔で「もう少しガマンしてねぇ~」と言われるだけです。
でも終わってみると整体院の治療後よりも腰と膝がスッキリとしていて驚きました。

さらに手技治療の後、もう少し楽になるためにと言って鍼を打つことになりました。
痛む部分にも何本か鍼をさしましたが、何でそんなところに鍼をするの?といった、一見関係が無さそうな場所にも何本か鍼をされました。
先生に聞くと、腰や膝に関係あるツボが腕や足にあって、そこを刺激したそうです。

それから何回か私が先生の治療を受けました。お陰様で整体に通わなくても良いほどに、私の体は回復しました。
病気で引きこもっている子供を置いて外出するのは大変勇気がいることで、訪問治療を専門にしている治療院の先生に出会えたことは、幸運だったと思います。

子供の方はだんだんと元気に動けるようになる私を見て、自発的に自分もお願いしたいと言ってきました。
先生はもう少し時間がかかると思っていたそうで、早かったねと後で私に言っていました。

子供は鍼が嫌だと言ったので、鍼を使わないで治療することになりました。
体全身を手技治療で揉みほぐし、リラックスさせて行くことと、信頼関係を築いていくことに、まずは目標を置きたいと説明を受けました。

何回か治療の様子を見ていると、子供と先生の間に会話が生じてくるようになりました。
そして自分の方から「お灸なら使っても良いよ」と言い始めました。
先生が帰り際に「少し信頼関係が築けてきたようなので、次の治療はもう少し踏み込んだ内容にしていきます」と説明してくれました。

今は鍼も使った治療になり、子供も自発的に外出するようになって仕事を探し始めるようになりました。
私の体があまりにも元気になった様子を見て、最近は主人も時々お世話になるようになるほど、家族3人が先生にお世話になっています。

長文、申し訳ございませんでした。
これからもよろしくお願いいたします。

札幌市清田区 FK様 30代女性 専業主婦 

妊娠中は外出が大変

症状:腰痛、生理痛

学生の頃から腰痛があり、時々近所の整骨院でお世話になっていました。
とくに生理が近くなると腰痛が増してきて、生理が始まると腹痛も伴い、時には動けなくなるほどの痛みに襲われていました。

2人目の子供を妊娠中、大きなお腹を抱えながら1人目の子供をお世話していたためか、腰がいつも以上に悲鳴をあげました。
ですが、まだ小さい子供を連れていつもの整骨院に通うのも気が引けましたし、大きなお腹で外出するのも大変な状況です。

どこか良い所はないか、インターネットで検索していたら、こちらの治療院のHPに目が留まりました。
まさしく私が今直面している問題が全てクリアされる条件だったので、迷わず予約の電話を入れました。

お話しを伺うと、妊婦には鍼治療が出来る時期と出来ない時期があるそうで、私は鍼が出来ない時期だったために、鍼を使わない治療を行うことになりました。

元々腰痛を抱えているうえに、大きなお腹を抱えながらの育児でだいぶ腰に負荷がかかっていたようで、治療は少し時間がかかると言われました。
でも1回目の治療でかなり楽になったので、もう何回か治療してもらえないかこちらから相談したところ、快くOKして下さりました。

2回目以降は腰痛の治療に加え、安産の治療もして頂きました。
治療のお陰か、母親思いの子供のお陰か(笑)わかりませんが、結果は安産でした。ありがとうございます。

出産後、育児に忙しくて、しばらく先生にお会いしませんでしたが、腰痛は相変わらずの状態です。生理が再開してからは、やはり生理痛にも悩まされます。

再び先生にお電話し、治療をお願いしました。
今度は妊娠中には出来なかった鍼治療もおこなうそうです。
腰痛の治療に加えて生理痛の治療もしてくれることになりました。

先生と相談した結果、生理が始まる1週間前に1回、生理中に1回の予定で治療することになりました。
お陰様で腰痛が軽減したのはもちろんですが、今まで生理前にあったイライラして落ち着かない感じや、腹部の何とも表現がしにくい違和感も、気が付いたら無くなっています。
先生には聞いていませんが、これは生理前にする鍼灸治療の効果ではないかと思っています。

これからも宜しくお願いします。

次はこちらをご覧ください

当院をご利用の患者さまは約8割が自律神経の乱れが原因で治療を受けており、下痢を主訴とした患者さまも治療中です

ご利用の患者さまのお悩みや、当院へどのような望みを託して治療を受けているのかなどをご紹介します

更年期と自律神経

東洋医学から見た【更年期と自律神経】の関係についてご紹介します

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

011-375-5059

受付時間:9:30~18:00(日曜日、祝祭日を除く)

ご訪問可能地域:北海道
北広島市、札幌市、恵庭市のほか、江別市、千歳市の
一部など

お問合せの前に、お住まいの住所をご確認ください

当院は北海道北広島市を中心に活動している鍼灸治療院です。
広島県をはじめ、北海道以外から連絡を頂戴するケースがあるため、お電話を頂く前にお住まいが当院で訪問可能なご住所であるか、今一度ご確認くださいますよう、お願い申し上げます。

トップページへ戻る

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

011-375-5059

誠に申し訳ございませんが、お電話でのお問合せ受付は、
9時30分~18時までと
させて頂いております。

メールでのお問合せは24時間受け付けております。
お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

院長の加瀬です

自律神経失調症(更年期を含む)にお悩みのあなた。
自身も自律神経バランスの乱れから生じた不定愁訴(私の場合は下痢、不眠など)に
悩まされた体験を持つ私が、あなたのつらさを理解し、自分の体験を元に施術いたします。きっと私の体験が、あなたのお力になれると信じています。

リンク