『更年期をはじめとする自律神経失調症の治療を専門』にしている鍼灸治療院です。
イライラ感・不安感・うつ症状・不眠・胃痛・下痢など、病院で検査をしても異常が見当たらない不定愁訴にお悩みでしたら、ご相談ください。
また当院は【訪問治療(自宅治療)に特化】していることから『治療に通うための外出が難しい』といったお悩みの方々にご好評頂いております。

自律神経失調症の治療を専門にした鍼灸治療院

かせ鍼灸治療院

ご相談は無料です

ご自宅へ訪問してお話しを
伺うことも可能です。
どうぞ気軽にお問合せください。

お気軽にお問合せください

011-375-5059

健康保険は利用できません

健康保険は利用できません

かせ鍼灸治療院のホームページをご覧いただきまして誠に有り難うございます。

当院では残念ながら健康保険は一切取り扱っておらず、自費治療のみおこなっております。

健康保険が取り扱えないと患者さまの負担金額がどうしても増えてしまい、取り扱いについてご要望の声も聞かれますが、今後もその予定はございません。
誠に申し訳ございません。

以下に、鍼灸治療院が健康保険を取り扱うことが出来る疾患、健康保険を適用することのメリットとデメリットについてご説明のうえ、当院が健康保険を取り扱っていない理由を述べさせて頂きますので、何卒ご理解のうえ、ご容赦賜りますようお願い申し上げます。

6つの疾患だけが健康保険の適用を認められています

鍼灸治療では次の6疾患にのみ健康保険が適用できると認められています。

健康保険が適用できる6疾患

  • 神経痛
  • リウマチ
  • 腰痛
  • 五十肩
  • 頸腕症候群
  • 頸椎捻挫(むちうち症)

鍼灸治療においては上記の疾患以外、健康保険の適用が認められていません

健康保険を適用することのメリットとデメリット

メリット

健康保険を利用する最大のメリットは治療費の自己負担額が軽減できることです。

自己負担額の軽減は確かに魅力的なのですが、これ以外のメリットは私には思いつきません。
むしろデメリットの方が多いぐらいだと考えます。

デメリット

一体何がデメリットなのでしょう。
それは『手続きが多少面倒であること』と『融通がきかないこと』にあると考えております。

どちらかと言えば、『融通がきかない』ことの方が
デメリットだと思われます。

ここで一般的な鍼灸治療院が健康保険を適用するための手続きを、簡単にご説明します。

一般的な手続きの流れ

鍼灸治療院から『同意書』を受け取り、病院へ提出する

医師に『同意書』の必要事項を記載してもらい、鍼灸治療院へ提出する

鍼灸治療院で健康保険を適用した治療を開始

ここまでの手続きは、1度病院へ足を運んでもらって、医師から同意書に必要事項を記載してもらうことが多少面倒になるくらいで、簡単に手続きを進められます。
『同意書』にサインさえして貰えれば、後は鍼灸治療院の方で手続きを進めていきます。

しかし、ここからが『融通がきかない』と言う理由になってきます。

鍼灸院で治療中は同じ疾患名で病院には通えません

例えば『腰痛』で健康保険を適用して鍼灸治療院の治療を受けていた場合。

腰に貼る「湿布薬が欲しいな」と思って病院へ行っても、すでに鍼灸治療院で健康保険を適用した治療をしているので、病院では健康保険の適用を受けることができません。

おなじ疾患名では健康保険の二重請求は出来ないのです。

治療方法にも厳しいルールが適用されます

『腰痛』の話しが出たので、もう少し踏み込んで説明します。

治療院と病院での二重請求が出来ないことはお話ししたとおりですが、実は鍼灸治療院の治療方法も、うるさく指導が入ります。

健康保険の解釈は『腰を治療するのだから、鍼は腰に刺しなさい』となります。
しかしながら実際の臨床では、いろいろな治療手技が存在して、その中の1つには腰の痛みを手や足にあるツボを使って治療する方法があります。

当院でもこの治療方法を使うのですが、健康保険を適用した治療となると、この治療方法はアウトになります。

規則を守ると治療院側は思った治療が出来ないことがあるのです。

患者さまのメリットを考えると健康保険の適用は良し悪しだなと思われてなりません。

混合診療は認められていません

『混合診療』を簡単に説明すると「健康保険を適用した治療」と「健康保険が適用できない治療」を同時に行うことは出来ません、ということです。

例えば健康保険を適用して『腰痛』の治療を受けていたとします。
この際、健康保険の適用外である『更年期』の治療を同時に希望されたとしても、お受けすることができません。

つまり『腰痛』の治療と『更年期』の治療は別々に行って、別々に精算を済ませることになります。

健康保険の取扱いについては「手続き」そのものは簡単に行えます。
しかしながら、特定の疾患にしか適用できないこと、適用してからの規則が厳しいことから、
患者さまのデメリットの方が多いと当院では考え、健康保険は一切取扱っておりません。

規則は守りたいと考えます

テレビや新聞などの報道でご存じの方も多いと思いますが、昨今、健康保険をめぐっては不正請求に関する事件が相次いでいます。
それは本当に一部の病院や治療院が行っていたことなのですが、同じ業界にいる人間として、健康保険の取扱いについては、きちんと規則は守っていきたいと考えます。

規則を守ると、思っている治療が出来ないことは説明したとおりです。
健康保険が使えないことによって、患者さまの経済的な負担が増えてしまう。
このことについて、正直心苦しい気持ちはあります。

しかしながら『負担金額の軽減を優先して、鍼灸師自身が効果に疑問を持っている治療方法』と、『負担金額をある程度覚悟して、その効果を鍼灸師が実証できている治療方法』どちらが良いのでしょうか?

患者さまの経済的な環境はもちろんあるでしょう。
価値観や考え方などで、結論は変わってしまうかも知れません。

ですが私の結論としては、後者の『負担金額をある程度覚悟して効果が実証できている治療方法』を選択することでした。

健康保険の適用について『融通がきかない』のは私の方かも知れませんが、どうか私の想いをご理解して頂ければ幸いです。

こちらもご覧ください

当院の料金は訪問費や初診料などが全て含まれております。追加費用は一切発生しませんので、安心してご利用頂けます

当院の特徴を前・後編に分けてご紹介します

患者さまからの声

患者さまのお悩みの都合上、少数しか掲載できませんが、感想をご紹介します

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

011-375-5059

受付時間:9:30~18:00(日曜日、祝祭日を除く)

ご訪問可能地域:北海道
北広島市、札幌市、恵庭市のほか、江別市、千歳市の
一部など

お問合せの前に、お住まいの住所をご確認ください

当院は北海道北広島市を中心に活動している鍼灸治療院です。
広島県をはじめ、北海道以外から連絡を頂戴するケースがあるため、お電話を頂く前にお住まいが当院で訪問可能なご住所であるか、今一度ご確認くださいますよう、お願い申し上げます。

トップページへ戻る

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

011-375-5059

誠に申し訳ございませんが、お電話でのお問合せ受付は、
9時30分~18時までと
させて頂いております。

メールでのお問合せは24時間受け付けております。
お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

院長の加瀬です

自律神経失調症(更年期を含む)にお悩みのあなた。
自身も自律神経バランスの乱れから生じた不定愁訴(私の場合は下痢、不眠など)に
悩まされた体験を持つ私が、あなたのつらさを理解し、自分の体験を元に施術いたします。きっと私の体験が、あなたのお力になれると信じています。

リンク