『更年期をはじめとする自律神経失調症の治療を専門』にしている鍼灸治療院です。
イライラ感・不安感・うつ症状・不眠・胃痛・下痢など、病院で検査をしても異常が見当たらない不定愁訴にお悩みでしたら、ご相談ください。
また当院は【訪問治療(自宅治療)に特化】していることから『治療に通うための外出が難しい』といったお悩みの方々にご好評頂いております。

自律神経失調症の治療を専門にした鍼灸治療院

かせ鍼灸治療院

ご相談は無料です

ご自宅へ訪問してお話しを
伺うことも可能です。
どうぞ気軽にお問合せください。

お気軽にお問合せください

011-375-5059

『気』が流れる道

前ページ【ツボって何でしょう】で触れた経絡(けいらく)について、興味のある方に向けて、もう少し掘り下げたお話しをしたいと思います。

臓腑と結びついている経絡

ツボって何でしょうのページでも触れましたが、人間には体の上下・左右・前後を結ぶ『経絡』と呼ばれる線路が12本あります。

ここでは経絡と走行順路、所属する臓腑や大まかな役割について説明します。
なお、良いイラストが見つからず、文章だけの説明になりますので、イメージしにくいと思います。どうかご容赦下さい。

1.手の太陰肺経(てのたいいんはいけい)
  • 胃の出口付近からはじまり、肺を経由して肩→腕→指先へ至ります
  • 主治は呼吸器系の疾患、腕に付着する筋肉の痛みなど
2.手の陽明大腸経(てのようめいだいちょうけい)
  • 手の示指(ひとさし指)からはじまり、腕→肩→のど→口→鼻→肺→大腸に至ります
  • 主治は鼻疾患や肩こり、胃腸症状など
3.足の陽明胃経(あしのようめいいけい)
  • 鼻の根元からはじまり、鼻(外側)→口→胸→胃腸→太もも(前側)→
    すね(脛骨際)→足の人差し指に至ります
  • 主治は特に胃腸症状など
4.足の太陰脾経(あしのたいいんひけい)
  • 足の親指からはじまり、足の甲(内側)→ふくらはぎ(内側)→
    太もも(内側)→腎臓→横隔膜→心臓→舌に至ります
  • 主治は胃腸症状など
5.手の少陰心経(てのしょういんしんけい)
  • 心臓からはじまり、2つに分岐します
    ①横隔膜→小腸
    ②のど→目→(胸を通過)→腕の付け根→手の小指に至ります
  • 主治は心臓疾患、精神疾患など
6.手の太陽小腸経(てのたいようしょうちょうけい)
  • 手の小指からはじまり、肩付近で2つに分岐します
    ①手の外側→腕の後ろ→肩→アゴ→頬→目に至ります
    ②肩→胸→横隔膜→小腸に至ります
  • 主治は耳、首や肩こりなど
7.足の太陽膀胱経(あしのたいようぼうこうけい)
  • 目頭からはじまり、額→頭→後頭部で分岐
    ①肩甲骨と脊椎の内側→腰→臀部→太もも(後部)→膝裏→足の小指
    ②肩甲骨を通り抜けて、上記①と並行して膝裏まで降りていきます
    (膝裏で合流)
  • 主治は腰痛、泌尿器系疾患など
8.足の少陰腎経(あしのしょういんじんけい)
  • 足の小指裏からはじまり、足の内側→ふくらはぎ内側→太もも内側→
    腎臓→膀胱→(横隔膜)→肺→のど→舌に至ります。
    肺から心臓に向って一本の連絡路が構成されています。
  • 主治は下腹部痛や胸痛など
9.手の厥陰心包経(てのけついんしんぽうけい)
  • 胸からはじまり、脇→腕→手の中指へ至ります。
    胸からは横隔膜を通ってヘソの上辺りへ向かう連絡路が構成されています。
  • 主治は精神疾患、胸痛など
10.手の少陽三焦経(てのしょうようさんしょうけい)
  • 手の薬指からはじまり、手の甲→腕(後側)→肩→3本に分岐
    ①胸を経由してヘソに至ります
    ②肩→首(後側)→耳の周囲→頬→目
    ③耳(後側)→耳(中)→頬→目じり
  • 主治は耳、側頭部の疾患
11.足の少陽胆経(あしのしょうようたんけい)
  • 目じりからはじまって、2つに分岐します
    ①側頭部→首(横)→鎖骨→脇腹→太もも(横)→足の薬指に至ります
    ②頬→首(横)→鎖骨→脇腹→股関節へ至ります。
    上記①とは太ももで合流します。
  • 主治は顔面痛、頭痛、股関節痛など
12.足の厥陰肝経(あしのけついんかんけい)
  • 足の親指からはじまり、ふくらはぎ(内側)→太もも(内側)→性器を経由→
    脇腹→胸→口→頭頂部へ至ります
  • 主治は性器、泌尿器症状など

手の太陰肺経へ戻り、人間が生命活動を終えるまで巡回します。

この経絡の流れが何らかの理由で悪くなったり、止まったりすると体に反応
(=痛み)が現れてきます。

臓腑とは

上述している手の○○経、足の○○経とは、所属している臓腑(ぞうふ)を意味します。
臓腑は6臓6腑あり、次のとおりになります。

  • 臓:肝、心、脾、肺、腎、(心包)
  • 腑:胆、小腸、胃、大腸、膀胱、三焦


聞きなれない臓器も含まれていると思いますが、現代医学と同じ言葉であっても、同じ臓器を指す場合と違う場合があるので、注意が必要です。

例えば、脾(ひ)は現在の脾臓を意味するのではなく膵臓を意味するとか、心包や三焦は現代医学には出てこない臓器で、東洋医学独特の考えを指すものであったりします。

ちなみに、臓とは精気を貯蔵するもの、腑とは飲食物を消化吸収し、その精気を運搬する役目を持つとされています。

現代の医学では、脳から各器官へ指令を出し、体をコントロールしていることが解明されています。
しかし紀元前に体系化された東洋医学では上述した臓腑が協力・調和することで体をコントロールしていると考えられていました。

だからツボを使って治療ができる

鍼灸治療はツボを刺激することで体を治していく治療方法です。

異常を訴えている部位から遠くにあるツボを刺激したり、内臓の異常を治すのにツボを刺激したりと、関係無く見える部分のツボをよく使います。

どうして内臓を治療するのに、体表にあるツボが効果を発揮するのでしょう?

それは12本の経絡が人体を上下・左右・前後走行している途中、いくつか体表近くを通過して、手や鍼などで触れることができるためです。

これが、いわゆるツボになる訳で、所属している臓腑の経絡が体のあちこちを巡ったり、途中で他の経絡に接続されているため、関係が無さそうに見える場所にあるツボを刺激しても、治療が出来るのです。

こちらもご覧ください

更年期と自律神経

東洋医学から見た【更年期と自律神経】の関係についてご紹介します

不眠や下痢など自律神経症状は多岐

自律神経のバランスが乱れると実に様々な症状があらわれてきます

腰痛のお悩み

腰痛の原因や、はじめて腰痛を発症した時の対処方法などをご紹介

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

011-375-5059

受付時間:9:30~18:00(日曜日、祝祭日を除く)

ご訪問可能地域:北海道
北広島市、札幌市、恵庭市のほか、江別市、千歳市の
一部など

お問合せの前に、お住まいの住所をご確認ください

当院は北海道北広島市を中心に活動している鍼灸治療院です。
広島県をはじめ、北海道以外から連絡を頂戴するケースがあるため、お電話を頂く前にお住まいが当院で訪問可能なご住所であるか、今一度ご確認くださいますよう、お願い申し上げます。

トップページへ戻る

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

011-375-5059

誠に申し訳ございませんが、お電話でのお問合せ受付は、
9時30分~18時までと
させて頂いております。

メールでのお問合せは24時間受け付けております。
お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

院長の加瀬です

自律神経失調症(更年期を含む)にお悩みのあなた。
自身も自律神経バランスの乱れから生じた不定愁訴(私の場合は下痢、不眠など)に
悩まされた体験を持つ私が、あなたのつらさを理解し、自分の体験を元に施術いたします。きっと私の体験が、あなたのお力になれると信じています。

リンク