『更年期をはじめとする自律神経失調症の治療を専門』にしている鍼灸治療院です。
イライラ感・不安感・うつ症状・不眠・胃痛・下痢など、病院で検査をしても異常が見当たらない不定愁訴にお悩みでしたら、ご相談ください。
また当院は【訪問治療(自宅治療)に特化】していることから『治療に通うための外出が難しい』といったお悩みの方々にご好評頂いております。

自律神経失調症の治療を専門にした鍼灸治療院

かせ鍼灸治療院

ご相談は無料です

ご自宅へ訪問してお話しを
伺うことも可能です。
どうぞ気軽にお問合せください。

お気軽にお問合せください

011-375-5059

下痢と頻尿【治療編】

こちらのページでは、病院で検査をしても消化器系の内臓に何ら異常が見つからないと言われる、『自律神経バランスの乱れから生じる下痢』について、当院で行う治療方法と、その目的についてご紹介しております。

また治療方法は1つの例です。
ご紹介する治療をいつも施すわけではありません。

なお下痢の原因は多岐にわたるために、当院へご相談いただく前に専門の病院で検査を受けることを強くお勧めいたします。

お灸を『胸部』『下腹部』『背中』に施します

『胸部』へお灸をする目的

胸部には『宗気(そうき)』という【気】が集まると考えられています。
宗気は東洋医学の指す『心』と『肺』に関わりが深く、心拍のリズムを整えたり呼吸や発声に影響を及ぼしたりします。(五行説と五臓のページで解説します)

『心』は『神』に通じ、文字通り私たち人間が有している臓腑の『最高指揮官』であると、東洋医学では考えられています。

『心』が正常であれば、動作や言語、表情などの意識的な動作や、心拍や呼吸、消化吸収、排泄などの無意識的な活動が適切に行われます。

逆に『心』に異常があると、意識的な活動と無意識的な活動の両方が不適切な活動をしてしまい、体に不調をきたします。

このため、当院で自律神経失調症による下痢を治療する場合、『神』の働きを正常にするために『胸部』を重視した治療を施していきます。

『下腹部』へお灸をする目的

東洋医学ではお臍から指3本分くらい下の部分を【臍下丹田(さいかたんでん)と言い【気】が集まるとても重要な場所であると考えられています。

臍下丹田に集まる『気』は【原気(げんき)と言われ、生命活動の原動力、つまり食欲や性欲などの生きようとする欲求をもたらす場所とされています。

臍下丹田が正常であれば、下腹部に張りがあり、臓腑や器官が強いために活気があり、病気にかかりにくくなります。

逆に臍下丹田が弱いと、下腹部に張りがなく、臓腑や器官も弱いため病気になりやすくなり、活動が弱々しく、疲れやすい、体が冷えやすいといった状態になります。

このため、当院の自律神経失調症の治療では、下痢の有無を問わず『臍下丹田』を重要な治療ポイントと捉え、原気を回復させていきます。

背中(首から肩甲骨のあたり)へお灸をする目的

自律神経に関わるお悩みを抱えられている患者さんは、大小便のお悩み以外にも様々な症状を訴えていますが、共通して見受けられる特徴もあります。
それは【首から背中にかけて筋肉が異常に緊張している】ことでしょう。

東洋医学的に理由を説明すると次のように考えられます。

  • 人間の体は縦に14本の【経絡】と呼ばれる【気】が流れる道が存在すると考えられています
  • そして首や背中には、足から頭へ向かって流れる経絡、頭から足へ流れる経絡といった具合に『気』が走行する経絡がいくつも存在しています
  • また首や背中を走行する『経絡』には『脳』を通過しているものもあり、『気』の流れが阻害されてしまうと【不安や不眠うつ状態といった精神的な症状】を生じさせてしまいます
  • つまり東洋医学的な解釈では、精神的な緊張や不安などがあると、首のあたりで『気』の流れを阻害してしまい、首や背中にコリや重だるいといった症状があらわれると考えられます

次はこちらをご覧ください

当院をご利用の患者さまは約9割が自律神経の乱れが原因で治療を受けており、下痢を主訴とした患者さまも治療中です

ご利用の患者さまのお悩みや、当院へどのような望みを託して治療を受けているのかなどをご紹介します

お悩みの疾患の性質上、患者さまに関わる情報の掲載は極めて少数ですが、許可を頂けた方々の声を紹介します

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

011-375-5059

受付時間:9:30~18:00(日曜日、祝祭日を除く)

ご訪問可能地域:北海道
北広島市、札幌市、恵庭市のほか、江別市、千歳市の
一部など

お問合せの前に、お住まいの住所をご確認ください

当院は北海道北広島市を中心に活動している鍼灸治療院です。
広島県をはじめ、北海道以外から連絡を頂戴するケースがあるため、お電話を頂く前にお住まいが当院で訪問可能なご住所であるか、今一度ご確認くださいますよう、お願い申し上げます。

トップページへ戻る

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

011-375-5059

誠に申し訳ございませんが、お電話でのお問合せ受付は、
9時30分~18時までと
させて頂いております。

メールでのお問合せは24時間受け付けております。
お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

院長の加瀬です

自律神経失調症(更年期を含む)にお悩みのあなた。
自身も自律神経バランスの乱れから生じた不定愁訴(私の場合は下痢、不眠など)に
悩まされた体験を持つ私が、あなたのつらさを理解し、自分の体験を元に施術いたします。きっと私の体験が、あなたのお力になれると信じています。

リンク