『更年期をはじめとする自律神経失調症の治療を専門』にしている鍼灸治療院です。
イライラ感・不安感・うつ症状・不眠・胃痛・下痢など、病院で検査をしても異常が見当たらない不定愁訴にお悩みでしたら、ご相談ください。
また当院は【訪問治療(自宅治療)に特化】していることから『治療に通うための外出が難しい』といったお悩みの方々にご好評頂いております。

自律神経失調症の治療を専門にした鍼灸治療院

かせ鍼灸治療院

ご相談は無料です

ご自宅へ訪問してお話しを
伺うことも可能です。
どうぞ気軽にお問合せください。

お気軽にお問合せください

011-375-5059

鍼灸治療の得意分野

鍼灸は自律神経の治療が得意なんです

自律神経が関係する不定愁訴(患者さまが訴える様々な症状)は病院で検査をしてもらっても、何らどこにも異常が見つからないと診断されることが多いものです。
例えば【不眠】【下痢や頻尿】【更年期性うつ症】などがパッと思いつく症状です。


何年もお薬を服用してやっと症状が軽減してきた、もしくは改善されないと言ったお話しはよく聞きます。

『鍼灸治療』はこの自律神経失調症の治療を得意分野のひとつにしています。
鍼灸だけの治療も可能ですし、お薬を服用しながらの治療も、もちろん大丈夫です。
お薬と鍼灸治療を併用することで治療効果を高めることも期待できます。

長い間、この病に悩まれている方がいらっしゃいましたら、どうか当院のホームページを色々とご覧になってみてください。
そして、少しでもあなたのお力になれるようでしたら、まずはご相談だけでもしてみてください。私の体験と経験が、きっとあなたのお役に立てるものだと信じております。

ご相談は【お問合せフォーム】もしくは下記の電話番号で受け付けております。

お電話でのお問合せはこちら

011-375-5059

関係が深い自律神経と更年期

自律神経失調症』の原因は様々ありますが、一因としては職場や家庭などでのストレスの蓄積、【季節や気象の変化などが挙げられます。

また、女性はある年齢になってくると女性ホルモンのバランスが崩れ、自律神経失調症を発症しやすい傾向があります。これが【更年期です。

『自律神経』と『女性ホルモン』は、大脳にある視床下部(ししょうかぶ)という場所がコントロールしています。
従って、どちらか一方のバランスが乱れると、もう一方のバランスが乱れてくる訳です。

そして『自律神経失調症』と『更年期』は、鍼灸が得意とする治療分野であり、違う病名ではありますが、不思議と鍼灸治療の方法は、ほぼ同じなのです。

現代医学では考えにくいかも知れませんが、鍼灸治療では『異病同治(いびょうどうち)』
といって違う病でも治療法は同じという考えがあり、まさにこの疾患は『異病同治』に当てはまるケースなのです。

自律神経失調症のタイプ

本態性自律神経失調症

生まれつき『自律神経』の調節機能が乱れやすい体質です。

めまいがする、肩がこる、だるい、などの不調をいつも訴え、虚弱体質や低血圧に悩まされています。

親、兄弟などにも同じような症状を持つ人がおり、体質遺伝が関係すると考えられています。

神経症型自律神経失調症

自律神経の機能に異常がないのに、心理的要因で『自律神経』に異常をきたします。

性格と密接な関係があり、周りの状況に不適応の人に多いようです。

本人の性格が病気を起こし、性格が障害となって病気を治りにくくしていることもあるようで、不安や恐怖心をいつも抱えている、日常のささいなことがとても気になる、といった性格の方に多いようです。


病院では心理療法を中心に、抗不安薬を使って治療していきます。

心身症型自律神経失調症

日常生活のストレスによって自律神経機能が乱れ、体に不定愁訴があらわれます。

病院で検査をすると、

  1. 器質的異常がある → 器質性心身症
  2. 器質的異常がない → 機能性心身症=心身症型自律神経失調症

と判断されるそうです。

「心と体」の両方に症状があらわれ、『自律神経失調症』と診断される患者の約半数がこのタイプのようです。

何事にもひたむきに取り組んで一生懸命になる人、“いい子”でいようと周囲の人に過剰に気を使いすぎる人、ストレスに弱い人、自分の感情を抑えすぎる人、こんな性格の方に多いようです。

病院ではストレス解消を目的として、生活リズムの見直しや休息、運動、音楽など、個々人に適した心身療法を行います。

抑うつ型自律神経失調症

慢性的なストレスの蓄積で【うつ状態】になり、自律神経に変調をきたします。

疲労、倦怠感、不眠、食欲不振などが主訴としてみられ、几帳面、完全主義者、気分が沈みやすい、執着心が強いなどの傾向がある人がなりやすいそうです。
更年期障害と間違われるケースも多いようです。

病院では、抗うつ薬を中心とする薬物療法が多く行われるようです。

こちらもご覧ください

更年期と自律神経

東洋医学から見た【更年期と自律神経】の関係についてご紹介します

治療原則は異病同治

不眠や下痢など様々な症状を訴えていても、鍼灸治療では治療方法が同じになるケースが多々あります。

更年期の治療ポイント

更年期の治療ポイントを前編・後編に分けてご紹介

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

011-375-5059

受付時間:9:30~18:00(日曜日、祝祭日を除く)

ご訪問可能地域:北海道
北広島市、札幌市、恵庭市のほか、江別市、千歳市の
一部など

お問合せの前に、お住まいの住所をご確認ください

当院は北海道北広島市を中心に活動している鍼灸治療院です。
広島県をはじめ、北海道以外から連絡を頂戴するケースがあるため、お電話を頂く前にお住まいが当院で訪問可能なご住所であるか、今一度ご確認くださいますよう、お願い申し上げます。

トップページへ戻る

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

011-375-5059

誠に申し訳ございませんが、お電話でのお問合せ受付は、
9時30分~18時までと
させて頂いております。

メールでのお問合せは24時間受け付けております。
お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

院長の加瀬です

自律神経失調症(更年期を含む)にお悩みのあなた。
自身も自律神経バランスの乱れから生じた不定愁訴(私の場合は下痢、不眠など)に
悩まされた体験を持つ私が、あなたのつらさを理解し、自分の体験を元に施術いたします。きっと私の体験が、あなたのお力になれると信じています。

リンク