『更年期をはじめとする自律神経失調症の治療を専門』にしている鍼灸治療院です。
イライラ感・不安感・うつ症状・不眠・胃痛・下痢など、病院で検査をしても異常が見当たらない不定愁訴にお悩みでしたら、ご相談ください。
また当院は【訪問治療(自宅治療)に特化】していることから『治療に通うための外出が難しい』といったお悩みの方々にご好評頂いております。

自律神経失調症の治療を専門にした鍼灸治療院

かせ鍼灸治療院

ご相談は無料です

ご自宅へ訪問してお話しを
伺うことも可能です。
どうぞ気軽にお問合せください。

お気軽にお問合せください

011-375-5059

不眠や下痢等の治療原則は異病同治

不眠や下痢の原因は多岐にわたりますが、ひとつには【自律神経バランスの乱れ】があります。また東洋医学においては【異病同治(いびょうどうち)】という原則があり、『症状が違っても治療法は同じ』の考えを元に治療を施していきます。

こちらでは色々な症状を訴えていても、治療は【自律神経バランスの調整】になるお話しをしております。

異病同治(いびょうどうち)の治療原則

現代医学と東洋医学の一致点

病院で処方されるお薬の原則としては『この病名にはこのお薬を使う』とパターンがある程度決まっているものです。

しかし鍼灸治療(東洋医学)には【異病同治】という考えがあり、病名が違っても治療方法はほぼ同じであるケースがよくあります。

余談ですが「同病異治」といって、同じ病気でも治療のアプローチが異なる場合もあります。

自律神経の走行ルートと【気】の流れ

現在の解剖学を見ても【自律神経】は脳から体全体に信号を送るルートとして、脊椎を通っていることが分かっています。

一方、鍼灸治療(東洋医学)を見てみると、自律神経失調症に悩まされている方の背骨と背骨の間を軽く押してみると、非常に痛がる反応を示します。
そして肩甲骨と肩甲骨の間にある背骨・筋肉が特に反応が強い(痛がる)ことが古くから分かっています。

東洋医学では脊椎には督脈(とくみゃく)と言われる【気】が流れる道が存在し、背骨と背骨の間にはツボがあると考えられています。

自律神経を患うと、この【督脈が影響を受けるために治療点となる】と考えられるポイントのひとつです。

現在の医学と紀元前からある東洋医学の不思議な一致点ですね。

興味がありましたら、まわりの人たちの背骨と背骨の間を軽く押してみると、反応の違いが分かると思います。

肩甲骨付近の脊椎に温熱療法を施して治療するのは、こんな理由があるからです。

鍼灸治療が求められる理由と目的

自律神経失調症の特徴は良くなったり悪くなったり

自律神経失調症の特徴は、元気になったように見えても、季節の移り変わり時や、ちょっとしたストレスが引き金になって【体調が良くなったり悪くなったりを繰り返す】ことにあります。

鍼灸治療が求められる理由は、【お薬だけでは取り除くことが出来ない悩み・苦しみ・痛みなどを副作用なく軽減させることが】できるためです。

そして本疾患の治療における最大の目的は、たとえ何かを切っ掛けに体調が悪くなってしまっても、治療を始める前の悪い状態まで戻らないようにすることになります。

自律神経失調症は【時計の振子】のようなものです。
体調が良い状態の時もあれば悪い状態の時もあり、これを繰り返していくものです。良くなったと思っていても、それは『一時の状態』であることを忘れてはいけません。

時間は必要になりますが、お悩みは必ず改善していきます

あなたの抱えられているお悩みは、必ず改善していきます。
それは私を見てもらえると、ご理解して頂けると思います。

私の体験が同じ疾患での悩み・苦しみを抱えている方々に、お悩みは改善するんだと希望を持って頂ければ幸いです。
そして当院へご相談して頂ければ、全力でご期待に添うべく治療にあたっていきます。
治療の申し込みなど気にする必要はありません。
当院への疑問・質問の他、ご相談だけでもどうぞ気軽に連絡をしてください。

どうぞ気軽にお問合せください

011-375-5059

受付時間:9:30~18:00(日曜、祝祭日を除く)

治療方法について

手技治療→鍼治療→灸(温熱)治療の順番です

基本的な施術方法は、「うつ症」でご紹介している内容と同じで、手技治療→鍼治療→灸(温熱)治療の順番で行います。

自律神経失調症の治療は、温熱療法を多用して肩甲骨付近の脊椎を温め、自律神経をリラックスさせてあげることを目標にします。
皆さんがそうだとは言えないのですが、多くの患者さまは【交感神経】が興奮状態になっております。
このため脊椎を温め気持ちや神経をリラックスさせてあげることで、自律神経のバランスを整え治療効果を発揮させます。

治療の効果

【温熱療法を多用して肩甲骨付近の脊椎を温め、自律神経をリラックスさせる】治療方法は、効果が高い優れたものです。

この方法は『私が私を治療した時』の治療点なので、体験談としてもお話しが出来るものです。

ただし、この治療方法の効果は私を見てもらえると一目瞭然なのですが、間違ってはいけないことは、『治療効果をすぐに得られるものでは無い』ということです。

なぜならば自律神経失調症の原因には、仕事・人間関係・家庭などでのストレスや【天候】【持って生まれた体質】など様々な要因が絡み合い、良くなったように見えても、ちょっとした何かがきっかけで元に戻ってしまうことが多いからです。

ワンポイントアドバイス

効果抜群のツボ

自律神経失調症の治療で、背中以外にあるツボをひとつ選ぶなら、胸部にある『膻中』(だんちゅう)というツボを選ぶことが多いです。

場所は『左右の乳頭を直線で結んだ真ん中』にあります。

何でもないときに押しても若干痛みがある場所なのですが、自律神経失調症(とくに精神症状が強いタイプの方)に悩まされている方は、少しの指圧で敏感に反応するツボで、その効果は抜群であると個人的には考えております。
以下のURLで細かい場所を確認できると思います。

http://www.sennenq.co.jp/tubobook/top.html

次はこちらをご覧ください

のぼせ(更年期治療)

更年期で見られる【のぼせ】の治療例をご紹介

自律神経は交感神経と副交感神経の2つに分類され、ホルモンの分泌や免疫に深く関わっています。こちらでは簡単にですが自律神経の仕組みについてお話ししております。

患者さまから頂戴しましたお手紙やe-mailを、少しですがご紹介しております。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

011-375-5059

受付時間:9:30~18:00(日曜日、祝祭日を除く)

ご訪問可能地域:北海道
北広島市、札幌市、恵庭市のほか、江別市、千歳市の
一部など

お問合せの前に、お住まいの住所をご確認ください

当院は北海道北広島市を中心に活動している鍼灸治療院です。
広島県をはじめ、北海道以外から連絡を頂戴するケースがあるため、お電話を頂く前にお住まいが当院で訪問可能なご住所であるか、今一度ご確認くださいますよう、お願い申し上げます。

トップページへ戻る

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

011-375-5059

誠に申し訳ございませんが、お電話でのお問合せ受付は、
9時30分~18時までと
させて頂いております。

メールでのお問合せは24時間受け付けております。
お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

院長の加瀬です

自律神経失調症(更年期を含む)にお悩みのあなた。
自身も自律神経バランスの乱れから生じた不定愁訴(私の場合は下痢、不眠など)に
悩まされた体験を持つ私が、あなたのつらさを理解し、自分の体験を元に施術いたします。きっと私の体験が、あなたのお力になれると信じています。

リンク