『更年期をはじめとする自律神経失調症の治療を専門』にしている鍼灸治療院です。
イライラ感・不安感・うつ症状・不眠・胃痛・下痢など、病院で検査をしても異常が見当たらない不定愁訴にお悩みでしたら、ご相談ください。
また当院は【訪問治療(自宅治療)に特化】していることから『治療に通うための外出が難しい』といったお悩みの方々にご好評頂いております。

自律神経失調症の治療を専門にした鍼灸治療院

かせ鍼灸治療院

ご相談は無料です

ご自宅へ訪問してお話しを
伺うことも可能です。
どうぞ気軽にお問合せください。

お気軽にお問合せください

011-375-5059

鍼灸治療の診察【弁証】

鍼灸治療の診察【弁証】

前のページでお話しした【四診】を行ったあと、証(しょう)と呼ばれる、病気の状態を分類する作業に入ります。

証は、八鋼弁証・気血津液弁証・病因弁証・臓腑弁証・六経弁証など、色々な分類方法がありますが、ここでは代表的な八鋼弁証のお話しをしたいと思います。

八鋼弁証

八鋼弁証は、病気を8つのタイプに分類することが基本になります。
八鋼弁証の考えは陰陽論に基づいて考えられ、以下のとおり分類していきます。

  1. 表・裏(ひょう・り)
  2. 寒・熱(かん・ねつ)
  3. 虚・実(きょ・じつ)
  4. 陰・陽(いん・よう)

表裏

表と裏は『邪』が体の表面近くにあるのか、内部へ侵入してしまったのかを分類するものです。邪が体の表面近くにある場合を『表証(ひょうしょう)』、内部にあるものを『裏証(りしょう)』と呼び『表裏弁証』といいます。

表証はカゼに代表するような、病原菌の感染による発熱、寒気など、原因がはっきりとしているようなケースや、カゼの初期症状などで見られます。

裏証は五臓のバランスが乱れたり、カゼの慢性期などに見られます。
カゼの場合は表証に比べて治りにくいようです。

表証でも裏証でもない場合は、半表半裏証(はんひょうはんりしょう)と診断して区別します。

寒熱

寒と熱は病の性質を分類するもので、『寒熱弁証』といいます。
体を冷やす『陰気』と体を温める『陽気』のバランスを診察していきます。

冷え症であったり、体が冷えると痛みが出るといった症状は『寒証』、発熱やのぼせといった症状は『熱証』と分類されます。

皆さんの体温が平熱と比べ、ちょっと高かったり低かったりした時のことを思い出してみて下さい。
ほんのちょっと体温が変化しただけで、人間の体は反応して「何か今日は体調が悪いな」と感じた経験があると思います。
寒と熱は人間が生きていくためにはとても大切で、東洋医学では体を冷やす『陰気』と体を温める『陽気』のバランスを重要視しています。

虚実

虚実は、正気と邪気が闘争している状態を診察するものです。
『虚実弁証』といい、虚は正気が虚している(弱まっている)状態、実は病邪が盛んなことを現しています。

正気とは免疫力や自然治癒力といった生命エネルギーです。
『虚証』とはこの正気が不足してしまい、病邪に負けて病気が発症してしまった状態を意味し、『実証』は正気が正常であるにも関わらず、邪気の勢いが正気を上回ってしまい、病気を発症してしまった状態です。

ややこしいと思いますが、正気が不足しているか正常であるか、邪の勢いはどうか、といったことを診察していきます。

陰陽

陰陽は、上記の6鋼を総括したものです。
実際は陰証、陽証を区分しても意味がないとされ、寒熱弁証と虚実弁証が重要視されています。

弁証の分類

上述した弁証は、どれかひとつのタイプに分類されるのではなく、いくつか組み合わせられて分類します。例えば虚証に寒証が加わった『虚寒証』、実証に寒証が加わった『実寒証』といった組み合わせです。

実際の臨床では、これらに臓腑弁証や経絡弁証などが必要になってきますが、鍼灸治療の最初に鍼灸師が脈やお腹の状態を見ているのは、基本である八鋼弁証を用いて体の状態を把握して、どこの経穴(ツボ)を使って治療するかを知ることが目的になります。

こちらもご覧ください

更年期と自律神経

東洋医学から見た【更年期と自律神経】の関係についてご紹介します

不眠や下痢など自律神経症状は多岐

自律神経のバランスが乱れると実に様々な症状があらわれてきます

腰痛のお悩み

腰痛の原因や、はじめて腰痛を発症した時の対処方法などをご紹介

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

011-375-5059

受付時間:9:30~18:00(日曜日、祝祭日を除く)

ご訪問可能地域:北海道
北広島市、札幌市、恵庭市のほか、江別市、千歳市の
一部など

お問合せの前に、お住まいの住所をご確認ください

当院は北海道北広島市を中心に活動している鍼灸治療院です。
広島県をはじめ、北海道以外から連絡を頂戴するケースがあるため、お電話を頂く前にお住まいが当院で訪問可能なご住所であるか、今一度ご確認くださいますよう、お願い申し上げます。

トップページへ戻る

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

011-375-5059

誠に申し訳ございませんが、お電話でのお問合せ受付は、
9時30分~18時までと
させて頂いております。

メールでのお問合せは24時間受け付けております。
お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

院長の加瀬です

自律神経失調症(更年期を含む)にお悩みのあなた。
自身も自律神経バランスの乱れから生じた不定愁訴(私の場合は下痢、不眠など)に
悩まされた体験を持つ私が、あなたのつらさを理解し、自分の体験を元に施術いたします。きっと私の体験が、あなたのお力になれると信じています。

リンク